Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ロッドユール

6/8/2016

 
友達がいる  夕べステージで
きみは歌ってる  まるでスターのように
恋人の歌  バンドがやってた
僕はその歌  すごくいいと思った
 
初めてギターに触れるような
本当に恋をしてるような
今すぐ何かやれるような

そんな気分さ

 
大好きな友達がやってるバンドを観た。ロッドユール(RADDDJUR)というバンドだ。
彼らの音楽を端的に表現するのは非常に難しい。表層のみをなぞればDinosaur Jr.やPavementからCloud Nothingsといった愛すべきUSインディーの系譜及びVelvet CrushやTeenage Funclub〜Yuckらのような”USの影響を受けたUKインディ”、更には井上陽水からくるりまで洗練されたポップネスを内包した日本語のロックをルーツに、グッドメロディと歪んだエレキギターを鳴らすオルタナティブロックバンドといった風に表現できるのだろうが、そんな評論家めいた言説にはまるで物足りなさを抱いてしまうほどの愛しさが彼らの音楽にはある。
 

 
彼らの代表曲と言える”ブロンドネス”では出だしの一節がその愛しさを端的に証明してくれる。
 
”踊れない僕たちの声は小さくて 作り出した距離で煙草は煙る” 
 
シーンにあらゆる局面で”踊れる”とされる音楽が溢れ、音楽の内容を度外視したクラブカルチャーが席巻して誰もが現実逃避のために踊る現状は、僕らのような現実に強烈な無力感を抱いている人間にとっては一言に非現実的で、そこに参入することすらできない、その勇気もない僕らのような大学生には決定的な疎外感がある。
現実に抑圧された若者の声を代弁するのがロックンロールであるとするなら、彼らはうんざりするような現状、形骸化した”ロック”の文字を掲げる腑抜けや細分化されたカテゴリの奴隷たちが溢れるその中で真実味を帯びたロックンロールの子孫であるといっていい。
 
彼らは”サイサリス”でこう続ける。
 
”こんなにも僕たちは 泣いたり笑ったりしてるのに なんにも覚えてなくて こんなにも僕たちは 泣いたり笑ったりしてるのに なんにも楽しくなくて” 
 
 
僕らが常に抱いている希薄な現実感の中で無慈悲なまでに過ぎていく日常は、僕らのような抑圧されてなおパンクスにもアウトサイダーにもなれず、なんとなくやるせない気持ちを抱き続ける人間にとってもっとも切迫した現実だ。
このバンドのフロントマン、太田春樹くんの中にはどこかに”スラッカー”というキーワードがあるようだ。USインディーの旗手、J・マスキスやブラッドフォード・コックスは彼ら自身よくスラッカー(怠け者)と表現されるらしい。スラッカー呼ばわりされる寂しさややるせなさを埋めようとするかのように、彼らはギターのボリュームを上げて思い思いに叫ぶ。
ロッドユールは明らかに、その精神性に共鳴する感情を抱いている。それはいつの時代にも通底する、何かをしくじってしまった僕らのような人間を揺さぶりにかかってくる。いま日本で数多のインディーバンドがやっている、洋楽のコスプレやセンスのひけらかしといった軟弱で媚び切った逃避とは無縁の、”死に絶えた情熱”がそこで確かに鳴っている。
 
ロッドユール(RADDDJUR)
 
f:id:datarape:20160807100854j:image
 
 
photo by rina
 
 
 
 
 

ナムジュンパイク展 7/31

8:30に起きた。生活習慣のサイクルがねじれたまま3周ほど回ったせいでやたら早い時間に起きるようになってしまい、結果として就寝はともかく起床時間は模範的なものになった。
バナナとパンを食べて銭湯へ行った。最初は自分にとって真新しかった銭湯が次第に色褪せてゆくことに気付いて悲しかった。倦怠はどこまで俺の生活を蝕みやがる

昼過ぎに夕立が止むのを待って家を出て、適当にランチを摂って外苑前へ向かった。ワタリウム美術館ナム・ジュン・パイク展がやっていたから。
方向音痴という天性の才能の結果として一連の旅は酷い疲労をもたらした。でもその途中で迷い込んだ古い団地は見放されたリゾートみたいでとても良かったよ。青空に向かってくすんだ色の給水塔が突き刺さっていた。

疲労の原因を更に正しく位置付けるとするならそれは他ならぬ美術館で触れたパイクの作品群にある。彼のビデオアートの情報量と言ったら一言に凄まじかった。それは何も抽象的な感想ではない。敢えてギミックを説明するなら彼のビデオは彼が言うところの”情報のオーバーロード”を端的に体現していて、ビデオの基本要素は大体が映像、テロップ、ナレーション、音楽だと言えるが、彼の場合それらすべてがそれぞれに異なる情報を伝達しようと試みているので、視聴者としてはそれを追わざるを得ないしそれは非常に疲れる行為だった。結局それの虜になり、テレビの前に座って相当の時間を費やし、情報が氾濫したテレビの森に立ち竦んでその場を離れた。
美術館のカフェはおかしな価格帯だったが疲れて座りたかったので入ってジャスミンティーとミントティーを頼んだ。どちらも最低な味がして、ソファで20分ほど寝て帰った。

パイクの言葉を羅列したい。
『ケージの音楽は非常につまらなかった。禅と似ていると思った。禅もつまらないからです。そこに私は惹かれました。』
『真に良いものが評価されるためには長い時間がかかります。だから若い人たちはやり続けるべきです。100年でも…人間の身体は強いのだから。』

逃げるな

死に憧れるな

それを夢想したところで、最果てや死はおれたちからそう遠くに存在してはいない  それはすぐ目の前に、鼻先にその切っ先を突き付けている  おれたちが笑っている時、泣いている時、悦楽の中にいる時、実はそれらが静かでザラザラとして冷たいまま寂寞として無限に広がっている  あらゆる方法でおれたちはそこから逃げようとする  実際にはおれたち自身の影がその闇と半分溶け合ってくっついているから一ミリも逃げられてはいないというのに  逃げるな  現実から逃げるな  おれたちの幻想や夢は少しも現実と乖離してはいない  すべてはおれたちの目の前にある  剥き出しの無防備なランチのように  君はそれを口に運び、全身でその毒を味わう  どこまでも身体を蝕み、どこまでも気を病ませる裸のランチ
Remove all ads

PROTECT ME FROM WHAT I WANT

SCORN JOY, SCORN TOUCH, SCORN TRAGEDY, SCORN LIBERTY, SCORN CONSTANCY, SCORN HOPE.
 
f:id:datarape:20160715035229j:image
 
f:id:datarape:20160715035241j:image
 
f:id:datarape:20160715035317j:image
 
f:id:datarape:20160715040346j:image
 
f:id:datarape:20160715040402j:image
 
f:id:datarape:20160715040423j:image
 
 
f:id:datarape:20160715040515j:image
 
f:id:datarape:20160715040529j:image
 
 
f:id:datarape:20160715040627j:image
 
f:id:datarape:20160715040654j:image
 
 
f:id:datarape:20160715040734j:image
 
subject : 
Soshi 
 
photo :
Rina
 
PROTECT
     ME
  FROM
WHAT
      I
WANT
 
 
 
 

遥かに青い希求を鳴らす鐘のような音が夜明けの空に響き出したら  水の匂いを忘れて  風の冷たさを忘れて  あなたの言葉をいくつ覚えていられるだろう  

7月

朝焼けに向かって叫びたい 怒号を叫びたい  おれをひとり置き去りにしてまた素知らぬ顔して明ける夜に  動き出す町に  おれを置いていかないでくれ  待ってくれと  朝焼けを呪いながら 青い時間の永遠を願いながら  言葉にならない感情を万人に無理やり叩きつけてやりたい  7月よ  7月よ  7月よ  終わらないでくれ  揺すらないでくれ  
Remove all ads

早く死にたい

耐えがたいほどの孤独が
身体を押さえつけていて
どこまでが自分の身体なのかわからない
使い古した青空が
打ち水の一滴に冴え渡って
色褪せた透明な雨が
あらゆる自販機の取り出し口から
溢れ出してきて
町中を水浸しにした