藤本タツキ「ファイアパンチ」論

少年ジャンプ+連載、藤本タツキの「ファイアパンチ」はその注目と人気に反して読者を翻弄しまくっている。マンガのタイトルを検索すれば「意味不明」と言うサジェストが出てくるし、物語が破綻している稚拙なマンガだと言って憤っているオトナもいる。この…

ASA-CHANG & 巡礼 - 影の無いヒト 英訳

ASA-CHANG & 巡礼 (ASA-CHANG & JUNRAY) - 影の無いヒト (Kage No Nai Hito - Human With No Silhouette) Lyrics english translation 影、カげ、陰、かげ・KAGE・蔭・Ka・Ga・影…影の無いヒトに逢っタ。影の無い、うつくしい人に逢っタんだ。影のナイ、極く…

新しい孤独

春の夕暮れはやけにざわめくビニール袋 空にはためく 色めく今日も明日も明後日もずっと無音の目黒区俳句夜のない長いレイヴ僕たちがもらったドラッグ 孤独僕らのためのトラック緊張しすぎているライヴ 次のハイハット 待つラッパー葉っぱ なんてもう辞めな…

窓は教室を引き裂いて

思い出や失敗や恥とか青さとか憎しみとかあらゆる僕の欠片が並べた言葉に乱反射している詩を書くなんて簡単だ目の前にある耳障りな言葉から順番に皆殺しにしていけばいいふと止めた手にかかっているその死体が詩だ 海がすべてを飲み込んで昼が来なくなった世…

どこか遠くへ連れて行って

僕は坂を下ってゆく風の逃げ道を探すばかりでそこに自明を見出す強度があっただろうか? みんなが無意味な意味をその手に載せて、暮れゆく街の断末魔に聴こえる喧騒を駆け抜けてゆくとき、僕もまた大量の空き缶を抱きしめて寒い部屋で震えていた その缶の一…

凶暴なやるせなさが座り込む

嫌なことが起きて、奔走して疲れて、また何か些細な喜びがあって、またつらいことが起きて、必死になって耐えて、また少し良いことが起きて、永遠に飴とムチを与えられるだけが生きるということなんだろうか 飴があるだけマシだとは思わない 苦しみは喜びが…

石井聰互 ”水の中の八月”

石井聰互 ”水の中の八月”をみた。本作は非現実感やサイケデリックという言葉で表現されることが多いようだがその感覚について少しばかり考察した。個人的な思想としては、サイケデリックという表現には二種類の意味合いがある。一つはドラッグの効果によって…

おれはまるで身動きが取れなくて、怖くて目を見開いたままずっと立ち竦んでいたのに、なぜどうして何者もおれの目の中に立ち止まってくれないんだおれはそうするに足らない人間だ一切は過ぎゆく おれたちはあまりに無力で、音が小さいのがあんまりに心細いん…

09/08 01:50

高校の時に逆戻りしている生活はつらく、みんなからも疎外されていて昼休みも一人で座っている理科の授業中、気に入らない教師の前で自分が撮った写真を出して見ているとそいつに取り上げられ、お前の写真はつまらないと言われる次第に現実が歪んでくる銀髪…

ロッドユール

6/8/2016 友達がいる 夕べステージで きみは歌ってる まるでスターのように 恋人の歌 バンドがやってた 僕はその歌 すごくいいと思った 初めてギターに触れるような 本当に恋をしてるような 今すぐ何かやれるような そんな気分さ 大好きな友達がやってるバン…

ナムジュンパイク展 7/31

8:30に起きた。生活習慣のサイクルがねじれたまま3周ほど回ったせいでやたら早い時間に起きるようになってしまい、結果として就寝はともかく起床時間は模範的なものになった。バナナとパンを食べて銭湯へ行った。最初は自分にとって真新しかった銭湯が次第に…

逃げるな

死に憧れるなそれを夢想したところで、最果てや死はおれたちからそう遠くに存在してはいない それはすぐ目の前に、鼻先にその切っ先を突き付けている おれたちが笑っている時、泣いている時、悦楽の中にいる時、実はそれらが静かでザラザラとして冷たいまま…

PROTECT ME FROM WHAT I WANT

SCORN JOY, SCORN TOUCH, SCORN TRAGEDY, SCORN LIBERTY, SCORN CONSTANCY, SCORN HOPE. subject : Soshi https://instagram.com/vhseye_uk photo : Rina https://instagram.com/itsrinahey PROTECT ME FROM WHAT I WANT

遥かに青い希求を鳴らす鐘のような音が夜明けの空に響き出したら 水の匂いを忘れて 風の冷たさを忘れて あなたの言葉をいくつ覚えていられるだろう

7月

朝焼けに向かって叫びたい 怒号を叫びたい おれをひとり置き去りにしてまた素知らぬ顔して明ける夜に 動き出す町に おれを置いていかないでくれ 待ってくれと 朝焼けを呪いながら 青い時間の永遠を願いながら 言葉にならない感情を万人に無理やり叩きつけて…

早く死にたい

耐えがたいほどの孤独が身体を押さえつけていてどこまでが自分の身体なのかわからない使い古した青空が打ち水の一滴に冴え渡って色褪せた透明な雨があらゆる自販機の取り出し口から溢れ出してきて町中を水浸しにした

duster del sol

狭くて臭いトイレで吐き気で頭をもたげて泣きながらマイナースレットのジャケみたいになってたら頭の奥で天使たちが歌い出して、あまりの美しさに涙が後を追って次々にトイレの床を濡らしていった 喜びや悲しみを超えて あなたの故郷の空を遥かに超えて すべ…

誰かがひっそりと

誰かがひっそりと自分のために書いてる文章を読んでみたい誰かがひっそりと自分だけのために作っている音楽を聴いてみたい誰かがひっそりと自分の部屋のためだけに描いた絵を見てみたい誰かがひっそりと自分が見るためだけに撮った写真を見てみたい誰かがひ…

物は壊れるし人は死ぬ '2016

あああああ あ 自分で自分を解体したい 鎖骨のところ、窪んでいる骨と骨のあいだにバールを突き刺して、テコの原理で負荷をかけて鎖骨を折る 首筋にまで深い裂傷が走って、どす黒い血がぼたぼた垂れていて鉄の匂いがする そのあいだ身を屈めてうーうー唸って…

HEALTH DEPARTMENT

24/06/2016 16:16https://soundcloud.com/user-352515157/vvet-kniveHEALTH DEPARTMENTHEALTH DEPARTMENTHEALTH DEPARTMENTHEALTH DEPARTMENTHEALTH DEPARTMENTCOMMUNICATION IS SEX

みなかし

今この瞬間に感じているその悲しみを君は忘れる いつか確実にそれは明日の朝かもしれない間違い探しに気付くようなゆるやかさの中に目を覚まして、その悲しみは昨夜に置き去りにされるもしくは、ふと外に出て煙草を一本溶かしたときから部屋に戻って昨日の夕…

よく考えたらインターネットで詩を書くのって意味あんのか?なくても書くけど

人を傷付ける人間よりも遥かに価値のないおれは夢の中で時間感覚を引き延ばされて、実時間にして1000年をここで過ごしているそれはとほうもない悲しみに見える理由のない悲しみ、理由から目を逸らしている悲しみ、理由を探している悲しみ言いたいことが…

ほまき

光の粒が頭蓋骨の根元から溢れてきて、それをすくって舐めてたら1日が終わってた

テレビをつけて

なんのスポンサーもついていないなまえのない番組でなまえのないタレントたちがなまえのないゲームをしているそれを見て、僕は涙を流しながら笑っているここには何かあるのかと問うとき何かがあることを君はその眼で確かめることができるかいそこにはただ何…

かなりしぶい

窓を開けて夕陽を眺めていたら先日逃げていった僕の背骨がふらふらと低空飛行しながらむこうの路地を抜けて行くのが見えたので、急いでそれを追っかけて捕まえて、てっぺんに口付けて脊髄を一気にちゅるんって吸いあげてそのへんにペッ!!!!て吐き棄てち…

2

きみの描いた地上絵がとっくに滅んだ渋谷のスクランブル交差点に広がるひび割れたアスファルトにどこまでも走ってゆく とても美しい!!!!!!!!空は赤くて星が数え切れないほど浮かんでいて、苦しいけど痛くない!!!!苦しいけど痛くない!!!!苦し…

空間と感覚のなきがら、その剥製

シャッターを切る時に被写体がそのレンズのまえに待機させられているというのは滑稽だ それが偶然であれ、意図的であれ不動であれ動的であれ、真に写したいとおもっているのは自分を対峙したり内包したりする空間に存在する自分が抱く感覚なのであって、そこ…

08/06/2016

想い出を全部燃やした日本を出てからずっとほったらかしてた机のいちばん上の引き出しにしまってあるいろんな人にもらった手紙とかメモとか写真とかプリクラとかぜんぶ封筒に入れて、そこから一枚ずつ出して燃やした小石が敷き詰められた大きな翡翠色のかめ…

このブログを見るな

見るな!!!!!!!!!!見ないで!!!!!!!!!!!!!!ああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!やめろ!!!!!!!!!!見るなああああああああああああああああああ見るなあああああああああああああああああああああああ…

ゆよゆよ

Žž‚ª—¬‚ê@–l‚̓nƒQ‚Ä@ŒN‚̓{ƒP‚Ä@‚Ý‚ñ‚ÈŽ€‚ñ‚Å…‘…‚Ì…‚ª—ÎF‚É‚È‚è@‚₪‚Ä‘S‚Č͂ê‚ÄŒN‚͂₪‚Ä–l‚̺‚à“Í‚©‚È‚­‚È‚Á‚Ä‚µ‚Ü‚¢œ‚É‚È‚Á‚Ä@ŠD‚É‚È‚Á‚Ä@Žq‹Ÿ‚½‚¿‚É@‚Ý‚Æ‚ç‚ê‚Ä‚»‚ê‚Ü‚Å‚É@‘S•”@ˆ¤‚µ‚ ‚¨‚¤‚©#ͤ҈ͨͥ҉҉ͦ҈҉ͨ҈ͩ҉ͪ҈ͣͯͫ҉ͥͬͨ҈ͭ҉ͮ҈ͯ҉ͨ҈ͭͭͬ҉ͧͥ҈ͣ҉ͨ҉҉҈ͧͥ҉ͯ҈ͮͥ҉ͭ҈…