新しい孤独

春の夕暮れはやけにざわめく
ビニール袋 空にはためく 色めく
今日も明日も明後日も
ずっと無音の目黒区
俳句
夜のない長いレイヴ
僕たちがもらったドラッグ 孤独
僕らのためのトラック
緊張しすぎているライヴ

 

次のハイハット 待つラッパー
葉っぱ なんてもう辞めなよ
それでも どこか他人事
僕と 君とあなたと彼らの不安の種を育てる人
ぼくを評価する単語と 傷口と
実感のない痛みと 病名のない病と

 

子犬を抱いてる怖い人
もう死んじゃった言葉の使徒
港の飲めないチューハイと
ぼくの小規模な失敗を
ラジオを抱いた浮浪者のナップサック
小さな夢と約束
おおきな嘘の話と何かを叫んでる人


微熱を孕んだにきびみたいに
きみが居ない朝の訪れに
痛ましいタバコの写真に
感じた言葉を削がないように
ヘッドフォンかけてる多重録音
朝焼けのアンプが熱い
とうとう最後まで行けなかった幼稚園の劇

 

夏の写真のアルバムの影が
心のどこかに落とす光が
花火 止まった絵を弄び
可愛らしい君の歯ならび
蝉と遠ざかるトンネルに
響き渡るシンクの音に
シンクロ 未来 影の遊び
帰り道のないおぼろげな波

 

歩道のはしの敷石の上を一直線に歩く 歩く
距離感つかまぬ近眼におのれを託す その一身に
まなざしのない二遊間に
すれ違いざまの一瞬に
背筋をかすめる恐怖と恥
ゆがんだヒトの形

__________________________________

ねえ どんな気持ちなのかな?
僕らはいつも泣き笑いだ
今日も何かを忘れ去った
明日も世界は変わらないが
ぬるい缶ジュースの中身と
失うことへの恐怖と
鼻先を かすめてく感情
さよなら あらゆる言葉よ

 

警棒持ってるお巡りさん
僕らの罪をさばいてくれ
わかりあうのは無理だなんて
そんなのとっくに知ってるよ
それでも僕らはやめないよ
淡く感覚だけ見ているよ
それでも僕らはやめないよ
淡く感覚だけ見ているよ
ねえ どんな気持ちなのかな?
僕らはいつも泣き笑いだ
今日も何かを忘れ去った
明日も世界は変わらないが
ぬるい缶ジュースの中身と
失うことへの恐怖と
鼻先を かすめてく表情と
さよなら あらゆる言葉よ